アイフルは専業主婦の新規借り入れは不可!その理由や解決法を解説

アイフルは最短30分で審査完了、即日融資可能、
新規の利用者は30日間無利息などの特徴を持つ、大手消費者金融です。

 

CMも盛んなので知っている人も多いことでしょう。

 

アイフルは平成22年6月17日までは、
専業主婦でも夫に定期的な収入があれば、借り入れが可能でした。

 

しかし、平成22年6月18日から、
改正された貸金業法が適用になったことにより、
専業主婦の新規借り入れが不可能になったのです。

 

 

改正された貸金業法では、
総量規制によって、「利用者の年収の3分の1以下」までしか
融資を受けることはできません。

 

専業主婦は収入が0円なので、
新たに融資を受けることができないのです。

 

ただし、専業主婦がパートやアルバイトをはじめ、
収入を得られれば、
新しく融資を受けることが可能です。

 

以前、アイフルに融資を受けていた専業主婦で
再度融資を受けたいという人は、
パートやアルバイトをはじめれば、
融資を受けられる可能性があります。

 

 

なお、パートやアルバイトができないという場合でも、
不動産所得や株式所得など、
不労所得があれば定期収入があるとみなされます。

 

内職でも問題ありません。

 

 

ただし、就職してすぐに融資を申し込んでも
審査に通るのは難しいでしょう。

 

アイフルの審査は、毎月1回以上の収入が2か月以上
連続していると通りやすくなります。

 

ですから、就職して3か月目ならば審査が通る可能性が高くなるでしょう。
なお、アイフルの審査の中には在籍確認も含まれます。

 

融資を受けたい場合は、在籍確認が取れるようにしておきましょう。
不労所得の場合はその旨を申告します。

 

 

なお、専業主婦で「どうしてもすぐにお金が必要」という場合は、
「配偶者貸付」を行っている金融会社を利用するという方法もあります。

 

これは、申し込み者と配偶者の年収の3分の1までなら融資可能という制度で、
中小の消費者金融では導入していることが多いでしょう。

 

当座の資金を配偶者貸付を利用して補い、
就職したらアイフルに改めて融資を申し込むという方法もあります。